半世紀生きてます

50代の主婦です。ホームベーカリーでのパン作りや購入した商品のレビューなどを書いています。

Kindle版『敏感すぎるあなたへ/クラウス・ベルンハルト』

私がこの本『敏感すぎるあなたへ』を読んでみたいと思ったのは、

私が人より神経質なのか、精神的におかしいのか

と思うことがあったからです。

 

f:id:jasuminetea:20181226120718j:plain

Kindle版で読んでます

 

この本を書いたのはドイツ人の、日本で言う臨床心理士のような、

医療行為もできるというハイルプラクティカーという職業の方の著書です。

 

実際に読んでみると、

緊張やパニック、不安症などで悩んでいる人向けの本です。

 

興味深かったのは、脳はプログラムし直すことができるということです。

 

例えば、車を運転することや歯を磨くことなどは慣れてくると

無意識に自動的に実行することができます。

それと同じように、不安やパニック、ネガティブな考え方も

脳が作り出したパターンを自動的に無意識に実行していることなのだそうです。

 

そして、脳はトレーニングをすることで

新しい脳のプログラムを作ることができるらしいのです。

 

引き寄せの法則というのがありますよね。

私も本を読んだのですが、なかなか実行するのは難しいです。

この本のトレーニング(テンセンテンス法)は

引き寄せの法則にも似ているような気がしました。

 

私もテンセンテンス法をやってみようと初めはワクワクしてやってみたのですが、

毎日続けるということが難しく、思い出した時にだけやっています。

実際にカウンセリングを受けてトレーニングをしてみたいと思いました。

  

敏感すぎるあなたへ 緊張、不安、パニックは自分で断ち切れる

敏感すぎるあなたへ 緊張、不安、パニックは自分で断ち切れる

  • 作者: クラウス・ベルンハルト,平野卿子
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る