半世紀生きてます

50代の主婦です。ホームベーカリーでのパン作りや購入した商品のレビューなどを書いています。

Kindle版『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

ケーブルTVの月一に届く冊子をパラパラめくっていたら、

2月公開の映画に『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

が紹介されていました。

ドキッとするタイトルですが、安田顕さん主演ということと

実話のエッセー漫画が原作ということでKindle版で読んでみました。

Kindle版『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

f:id:jasuminetea:20190128154953j:plain

ほのぼのとした絵です

 

タイトルを読んだら、大体のあらすじは想像がつくと思いますが…

 

漫画家を夢見る主人公は30代の宮川サトシ。

きっと世の中の男の人が全員マザコンだと言われるように

(私はマザコンが悪いとは思っていませんよ^^)

彼もお母さんのことが大好きなんだと思います。

そして、その母親も間違いなく息子が大好きな明るいお母さん。

そんなお母さんにある日、がん宣告がされます…。

 

漫画では淡々と描かれていますが、

お母さんが亡くなるまでの主人公の心の葛藤、

お母さんが亡くなってからの家族の「母」、「妻」に対する思いなど、

自分の気持ちに置き換えて読んでしまいます。

そして、主人公の彼女さん(のち奥さん)には尊敬してしまいます。

私だったらできるのかな?って。

 

私の母は健在ですが、いつか必ずやって来る別れ、

もちろん母だけでなく大切な家族やペット。

その時のことを考えると怖いと思うこともありますが、

できるだけのことをしてあげたいと思いました。

 

 

映画は2019年2月22日(金)公開です。

主人公のサトシ役は安田顕さん、お母さん役に倍賞美津子さん、

彼女役に松下奈緒さんです。

実際のお母さんも倍賞美津子さんに似ていらしたそうです。

 

公式サイトはこちら↓です。

bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp