半世紀生きてます

50代の主婦です。ホームベーカリーでのパン作りや購入した商品のレビューなどを書いています。

食パン専門店『LA・PAN/ラ・パン』の食パンを食べました

2018年6月、大阪に第1号店の関目店がオープンしたばかりの

まだ新しい食パン専門店『LA・PAN/ラ・パン』の食パンを食べました。

www.la-pan.jp

ウサギの刻印がしてあります^^

 

『LA・PAN/ラ・パン』は2019年2月現在、

大阪府に2店舗、京都府に1店舗、東京に3店舗と店舗数は6店舗のみの

まだオープン間もない食パン専門店です。

 

サイズは、S(1斤)、M(1.5斤)、L(2斤)の3種類です。

お値段はそれぞれ、税込み440円、660円、880円です。

食パン専門 LA・PAN/ラ・パン

鍵盤の紙袋がかわいい

私は購入したのはSサイズです。

かわいい鍵盤が描かれた紙袋に入れてくれました。

買った時にはほんのり温かかったです。

 

家に着いた頃にはもう冷めてしまっていたのですが、

ビニール袋から出したら、バターの香りがぷ~ん!

この香りだけでも食欲をそそられます。

食パン専門 LA・PAN/ラ・パン

約12センチ四方の角食パン

 

とてもやわらかいのでそっとカットしました。

食パン専門 LA・PAN/ラ・パン

キメが細かいです

 

HPに「まずはそのままで、何もつけずに召し上がってみて下さい。」

とありますので、端っこの耳の部分を食べてみました。

甘みがあって、やわらかい!」というのが一番の感想です。

そして、モッチリしています。

 

食パンと言うと耳の部分はちょっと硬いですよね。

でもこの食パンは、その境い目がないくらいにやわらかいのです。

もうね、パクパクとあっという間に食べてしまえます(笑)。

スイーツと言うわけでもないですが、今まで食べた食パンとも全く違います。

 

ハード系のパンが好みの方には、ん?と思われるかもしれません。

やわらかくて甘みのあるパンが好きな方には好まれる食パンです。

私の親のように高齢でパンは好きだけど硬いのは・・・

という方にも喜ばれるかもしれません。

 

実際、お店で並んでいるとき、私の前後は年配の男性でした。

どちらも一人で来ているようでした。

他にも年配の女性がお友達といっしょに買いに来ていたりと

年齢層が高かったです。

 

翌日の朝にはトーストして食べてみました。

マーガリンを塗ってハチミツをかけました

焦げた部分はカリッとしましたが、

やわらかさは変わらず、そしてもっちりとした食感でした。 

 

パンと一緒に入っていたリーフレット

 

私は平日の武蔵境店で購入しました。

とにかく場所だけ確認して向かい、お店に着いたのが13:30頃。

そして、お店の前に焼き上がり時間が表示されていたのですが、

”13:30”! ラッキーでした。

 

10数人が並んでいましたが、平日ということもあり、

スムーズに買うことができました。

予約販売もしているようです。

リーフレット裏側