半世紀生きてます

50代の主婦です。ホームベーカリーでのパン作りや購入した商品のレビューなどを書いています。

ラトビア産のボロディンスキー・ライ麦パンを食べてみました

カルディ(KALDI)で見つけて興味津々で買ってきたラトビア産のライ麦パンの紹介です。

ボロディンスキー・ライ麦パン

ボロディンスキー・ライ麦パン(税込540円)

 

まず、原産国のラトビアってどこ?わからなかったので調べました。ここです↓

 

ラトビア共和国は、北ヨーロッパのバルト海に面したバルト三国の一つです。

首都はリガで、公用語はラトビア語です。EU加盟国であり、通貨はユーロ。

人口は193万人(2018年1月現在)。

黒ライ麦パンは、ラトビアの伝統的な食べものでもあるようです。

ww3.latvia.travel

 

 

表示ラベルの字がボケていたので、わかる範囲で書き直してみました。(KALDIの商品のホームページにも載っています。)

商品名:ボロディンスキー・ライ麦パン

名称:食パン

原材料名:ライ麦(50%)、小麦(15%)、砂糖、ライ麦モルト、砂糖シロップ、食塩、イースト、コリアンダー、ライ麦モルトパウダー、ホエイパウダー、酸味料(クエン酸、酢酸)、レシチン(大豆由来)

内容量:350g

賞味期限:2019.11.01

保存方法:直射日光をさけ、常温で保存してください。

原産国名:ラトビア

 

 

二重のビニール袋から出すと、ココア(チョコレート)?のような香りがしました。 

ボロディンスキー・ライ麦パン

1cmにカットされていました。

上に乗っている粒はコリアンダーシードです。コリアンダー(英語)はパクチー(タイ語)のことなんですね(初めて知りました)。

 

厚さ1cmにカットされています。高さ約6.5cm、幅7~8cmと小ぶりのパンです。

ボロディンスキー・ライ麦パン

香りが強いです。

まずはそのままで食べてみると、酸っぱい!です。

ライ麦特有の酸っぱさ。この酸味があるから日持ちするんだと思います。

私は、開封後はいちおう冷凍保存にしました。

 

ボロディンスキー・ライ麦パンにクリームチーズをのせて

クリームチーズを乗せてみました。

クリームチーズを乗せて食べると酸味が少しやわらぎました。

トーストすると少しふわっとした食感になります。

冷凍したものをトースターで解凍して食べたら酸味が減ったような?ただ酸味に慣れただけかな?

そして、コリアンダーは独特だけど爽やかな香りがします。

 

このライ麦の酸味、苦手な人もいると思いますが、私はクセになりそうです。

食事パンとして、またはハムやチーズなどを乗せて食べてもおいしそうです。

ラトビアの味、気になった方は食べてみて下さい!

 


ボロディンスキー ライ麦パン 350g[税率8%]