半世紀生きてます

50代の主婦です。ホームベーカリーでのパン作りや購入した商品のレビューなどを書いています。

くず餅と葛餅は原料や食感は違うがお腹にやさしい食べもの

最近、葛餅とくず餅の2種類があることを知りました。

私は「くずもち」というと、あの透明の葛餅しか思いつきませんでした。

透明の葛餅は関西地方のものなんですね。

そして、「くずもち」と言えばそれしかないと思っていました。

それが、関東のくず餅というものがあることを最近知りました。

それも、「葛餅」ではなくて「くず餅(または久寿餅)」なんです。

ややこしいですよね。

関東のくず餅は葛粉でできていないのです。

だから「くず餅」と表記するそうです。

 

関東のくず餅 

塩麹のことを調べていたらこちらを発見。知らなかったです。

www.marukome.co.jp

 

関東のくず餅は、小麦粉のでんぷん質を発酵させて作ります。

もともとは、千葉県で食べられていたおやつだそうです。

なぜ葛が使われていないのに「くず餅」というのかは、小麦の生産地だった千葉県の葛飾郡という地名の【葛】から「葛餅」になったようです。

その後、関西の葛餅と区別するために「くず餅」と表記されるようになったみたいです。

 

葛粉が使われていない「くず餅」、それも小麦粉のでんぷん質を一年以上も発酵させて作るという唯一の発酵和菓子の「くず餅」にとても興味を持ちました。

 

ヨーカドーに売っていたので買ってきました。紀文のくず餅!(税込321円)

紀文 くずもち

紀文と言えばおでんの具材などの練り物が有名ですが・・・
紀文 くずもち 内用表示
紀文 くずもち
2枚入りできな粉と黒みつ付きです。

紀文 くずもち

そのままと、きな粉と黒みつをかけたもの。


においは無いです。味も無いに等しいので甘みは必要です。

食感はモチッとした感じがういろうに似ています。

においが無く味も無いというところはくず餅も葛餅もいっしょですね。

くず餅は発酵食で植物性の乳酸菌が入っています。

 

関西の葛餅 

くず餅もお腹にも良いようですが、葛餅の葛もお腹にやさしい食べ物です。

葛はマメ科の植物で、漢方薬にも使われています。

 

葛粉は犬の手作りごはんにもおすすめ

元々は私も葛というものをあまり知らなかったのですが、犬の手作りごはんの本を見て知りました。

お腹をこわしたり、体力が落ちているときなどに葛湯にしたりごはんに溶いてあげたりすると良いようです。

だたし、芋類のでんぷんが混ざっていない本葛と言われるものです。

本葛ってお値段が高いんですよね。

でも、うちの愛犬はお腹が弱いので、よく葛を溶いてご飯に混ぜてあげています。

 

よく買っている本葛粉はこちらです。

吉野本葛
九州産の本葛なのですが、なぜか吉野本葛

後ろに葛餅の作り方とか載っているのですが、ほぼ愛犬のために使っているので作ったことがありません。

 

本葛粉で葛餅を作ってみる

今回、ちょっとだけ本葛粉を使って葛餅を作ってみることにしました。

参考にしたレシピはこちら


葛餅の作り方

 

葛粉と水は1:5で。

本葛粉

片栗粉などと違って固まりになってます。

お水を入れて火にかけます。

練っていくと徐々に透明になってきます。
透きとおってきたので水に入れて冷まします。
切って器に入れ、きな粉と黒みつをかけました。

くず餅とは明らかに食感が違います。ぷるんとして食感がおいしい^^(変な表現?)

舌にまとわりつくような粘りがあります。わらび餅とも違うような。

私の好みとしたらこちらかな?

 

原料や食感は違いますが、甘みが必要だったりお腹にやさしいという点では同じの「くずもち」でした。