半世紀生きてます

50代の主婦です。ホームベーカリーでのパン作りや購入した商品のレビューなどを書いています。

紙コップを使ってマフィンを焼きましたが、注意点がありました

バナナとくるみの入ったマフィンを作ったのです。

マフィン型がなかったので、ネットで検索していたら紙コップで代用できるということで、半分くらいに切って型にしました。

f:id:jasuminetea:20191017125221j:plain

 

紙コップをカットする時に、ギザギザと波のハサミを使ってみました。

ギザギザ ナミナミ はさみ

昔、スクラップブッキングというのをやってみようと思って買ったのですが、結局あまり使わないうちに、私のブームが去ってしまいました(笑)。

 

 

しかしですね、ブログを書き始めて調べていたら、紙コップをオーブンレンジに使うというのはおすすめできないことがわかりました。

私はもう作ってしまったのですが、専用のマフィン型(紙の場合も)を使うことをおすすめします。

 

紙コップをオーブンレンジで使用しない方がいい理由

なぜ、おすすめできないのかというと、紙コップの内側には耐水用に薄くポリエチレンがラミネートされています。このポリエチレンが110℃を超えると溶け出すことがあるそうです。オーブン料理をすると高温(180℃~200℃)になって溶け出す可能性があります。ただ、もし紙コップに付着している程度のポリエチレンが体内に入ったとしても人体に影響を及ぼすことはなく、体外に排出されるようです。

このことは、紙コップメーカーの株式会社日本デキシーさんのホームページに載っていました。 

あと、あまり温度が高いと紙が燃えてしまう可能性もあるので使用はしないで下さいとありました。ちなみに紙の発火点は450℃くらいです。

 

紙コップでマフィンを作り、さらに食べてしまった私(^^;。

まあ、害はないということですから、体調も悪くなっていませんし、あまり気にしていませんが、これを知ったらちょっと気分がよくないですよね。

ネットでは紙コップを代用してケーキを焼いているレシピもあります。やはり専用の容器を使って作ることが適切だと思います。

 

 

いちおう、作ったマフィンを見ていただいて本日は終了です。

紙コップでマフィン

紙コップにラミネート加工がされているので、マフィンがコップからはがれやすくてよかったんですがね。

 

バナナとくるみのマフィンはとてもおいしかったです♪

バナナとくるみのマフィン