半世紀生きてます

50代の主婦です。ホームベーカリーでのパン作りや購入した商品のレビューなどを書いています。

おやつにおつまみに、白玉粉で白ごまとバジルのポンデケージョ

前から作ってみたかったブラジル生まれのチーズパン、ポンデケージョを作ってみました。

ポルトガル語で、「ポン」がパン、「ケージョ」がチーズという意味らしいです。本場のものはタピオカ粉 を使うようですが、手に入りにくいので白玉粉で作ります。

白玉粉

 

基本の材料はこちらのレシピを参考に、明太子ではなく、白ごまとドライバジルを入れて2種類のポンデケージョを作ってみました

サラダ油もオリーブオイルを使いました。

erecipe.woman.excite.co.jp

 

卵液に粉チーズ、白玉粉を入れたところです。

※準備で白玉粉を粉状にするのですが、白玉粉の塊が硬くて手間がかかりました。しかし、粉状にしておくことでダマができにくいようです。

白玉粉を入れた後は、しばらく練っていると固まってきます。それを2等分して、それぞれ白ごま(小さじ1)、ドライバジル(小さじ1)を入れて混ぜるように練ります。

左が白ごま、右がドライバジル

白ごま生地、ドライバジル生地をそれぞれ8等分して丸めます。

180℃に予熱したオーブンレンジで18分焼きました。チーズの香りがプンプンします。

 

できあがり!

ポンデケージョ 白ごま入り ドライバジル入り

ほとんど膨らみません。直径3.5cm~4cm弱くらい。

焦げ目は裏に薄っすら付いたくらい。表面が細かくひび割れている感じです。

 

チーズの香りともちっとした食感。小さいのでパクパク、あっという間に無くなります(^^;。

ゴマやバジルを入れなくても十分ですが、私はバジルの方が気に入りました。

 

レシピ検索したら、白玉粉だけでなく小麦粉を入れたり、ベーキングパウダーを入れたりするレシピもありました。

普通のパンのように発酵させなくてもいいので手軽に作れます。