半世紀生きてます

50代の主婦です。ホームベーカリーでのパン作りや購入した商品のレビューなどを書いています。

雑誌『50代から「いいこと」を引き寄せる』

『50代から「いいこと」を引き寄せる』

私にとって、とっても魅力的なタイトルと、先日読んだ本の著者、

齋藤孝先生のインタビューも載っていたので買ってきました。

PHPエクセレント 50代から「いいこと」を引き寄せる

何とも魅力的なタイトル

 

PHPエクセレントというB5サイズでPHP4月号増刊号であるこちらは、

今まで発行された『PHP』誌に掲載された記事を再編集した雑誌です。


50代から「いいこと」を引き寄せる 2019年 04 月号 [雑誌]: PHP 増刊
 

  

『PHP』誌は本屋さんでよく見かける小さいサイズの雑誌で、

たまに購入することがあります。

読書の苦手な私でも、数ページのインタビューやエッセイだと読みやすいです。

 

4月号増刊号の内容は、

  • なぜか「いいこと」が起こる人
  • 落ち込んだ心を立て直す
  • 毎日を楽しくする小さな習慣

の3つのテーマに、それぞれ5~6人の著名人の方々のエッセイや

トークの内容が書かれています。

 

 

まず、2017年に掲載された作家の佐藤愛子さん(現在95歳)の

「この世で起こることは、すべて修行」と言われるトーク内容は

女性の大先輩としてとても勇気づけられます。

作家として活躍されている佐藤さんですが、

いろいろな苦労があったからこそ、今の自分があるとおっしゃっています。

たとえ苦しく、ギリギリまで追い詰められたとしても、

必ずどこかにハハハと笑える活路はあるはず。

と、楽天的にマイナスをプラスに変えるという修行が人生だと言います。

 

そして、こちらもやはり人生の大先輩ですが、

編集者・評論家の櫻井秀勲さん(現在88歳)。

「「いいこと」は自分でつくろう」とおっしゃるトーク内容では、

「いいこと」は、ただ待っていてもやってきません。

だったらこんなふうに、自分で「いいこと」をつくってしまえばいいのです。

と、何でもいいから「一番になる」ことと、

何かをするなら「百回やろう」という高い目標を持つことを勧めています。

 

ブログも100記事という目標を持つことは良いことだと思いました。

そして、さらにその上の高い目標を持ち続けることですね!

 

 

最後に、「落ち込んだときの気持ちの切り替え方」として

心理学者の諸富祥彦さんのアドバイスがとても良かったです。

  1. 行動を変える
  2. 思考を変える
  3. 距離の取り方を変える

と3つあるのですが、1.の行動を変えるというのは、

それにふさわしい仕方で感情も変化していくことが多い

というのです。

実際にやってみたのですが、気分が上がりました!

f:id:jasuminetea:20190304133113p:plain


 

それは、両手を握りしめ上に向かって「やったー」「やったー」と

何度も叫ぶことです。

これを何回かやっているうちに、私は「やったー!」な気分になりました^^。

 

人のいないところで(笑)1分間くらい試してみて下さいと書かれていました。

このポーズをしながら落ち込むことは難しいからという理由です。

 

行動を変えることで落ち込んだ気持ちが軽くなるっておもしろいです。

 

 

 

 人生を豊かにするヒントが見つかるかもしれないオススメ映画はこちら

www.hanseiki.com